バナー

貸し工場と行政の支援

貸し工場にもさまざまなタイプがありますが、こうした貸し工場に対して、地元の地方公共団体などが支援制度を導入している場合がありますので、あらかじめ確認しておくのがよいといえます。

手続き上、実際に入居する以前から届出や申請などをしておかないと、助成金などが得られない場合があります。こうした支援制度の最たるものとしては、たとえば地方公共団体そのもの、あるいは地方公共団体が出資している第三セクターが設置および運営をしているインキュベーター施設があります。

これから創業をするか、創業まもなくの企業を対象としたものが多く、あらかじめ部品の試作などができる機器を備えていたり、高い速度のインターネット回線やイントラネット回線が設置されていたりします。



また、貸し工場の家賃相当の一部を助成するような制度が設けられていることもあります。



このような場合には、ある程度経営が軌道に乗るまでの数年間に限定されることが多いものですが、数年間であったとしても、資金力に乏しい時期にはかなり心強いしくみであるということができます。

前出のインキュベーター施設に入居している場合には、その補助率が上乗せされるなどといったしくみをもっていることもあり、二重の意味でメリットが大きいといえます。

livedoorニュース情報の差に驚きました。

そのほか、原子力発電所の立地地域や周辺地域にある場合には、電源立地給付金などの、特別な給付金が得られる可能性もありますので、このあたりも地元の地方公共団体に照会するのがよいといえます。